インプラント治療後に起こりうるトラブル

インプラント治療の成功率は90パーセントいわれていますから、適切な治療とメンテナンスが行われていれば、長期的にインプラントを維持することができます。
しかし、メンテナンスがしっかりと行っていないと、治療後に様々なトラブルが起こる可能性がありますから、注意が必要になってきます。

そこで、メンテナンスを行った結果、起こる可能性があるトラブルとしては、インプラントが抜けたり、折れるといったトラブル、上部構造の人工歯が取れたり、ぐらついたり、かけたり、割れたりするトラブル、歯茎が腫れたり、出血したり、膿が出るといったトラブル、インプラントを支えている顎の骨が痩せるトラブルなどが挙げられます。



このようなトラブルを回避するためには、毎日の歯磨きと、定期的な歯科医院でのメンテナンスが大事になってきます。

歯磨きに関しては、正しいブラッシングの方法を身に着けることが大事になってきます。


うまく磨けていない部分があると、そこに歯垢がたまり、歯周病の原因になってしまいます。もし、歯周病になってしまうと、骨にも影響がでてきて、最終的にはインプラントが取れてしまう可能性がありますから注意が必要になってきます。

定期的なメンテナンスについては、治療を行った歯科医院に、年に数回定期診断という形で通院します。

今話題のGIRL'S TALK - Amebaに関する有益な情報が満載です。

この定期診断で、歯のぐらつきであったり、かみ合わせ、感染症の有無などをチェックします。



もし、異常があった場合でも、すぐに対処することができるので、治療後も定期的に歯科医院に通院することが大事になってきます。