根管治療はマイクロスコープのある歯医者さんですべし

根管治療は、虫歯に深くまで侵されてしまった歯を治療することを言います。

この治療方法は、従来は非常に成功率の低いものでした。


何しろ、歯の内部までは歯医者さんでも見ることはできないので、手探りによる治療になっていたせいです。

ジョルダンニュース!の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

成功率は50%もあれば高い方だったのですが、科学技術の発展によってそれも過去の話となりました。

現代においては、マイクロスコープを使うことで、歯の根元の部分まで歯医者さんが目で見ながら治療を進めていけます。
マイクロスコープを導入している歯医者さんでは、根管治療の成功率が90%を超えています。
もはや根管治療は難しい治療法ではなくなっているのです。

それもこれも、マイクロスコープのおかげだと言えるでしょう。


これが開発されていなければ、今なお根管治療は難しく、まともにやってくれる歯医者さんがほとんど存在していなかったはずです。

この治療方法では他にも、ラバーダムという手法が有効だとされています。

これは、唾液を歯に付着させないようにカバーをかけて治療する方法です。

この方法を採用している歯医者さんなら、難しい虫歯の治療もらくらく行ってくれます。



他の歯に菌が飛んでしまうことも防げますし、目標地点をより正確にスコープで確認することができます。
その結果として、ほとんど失敗のない虫歯治療ができるわけです。いい歯科医院かどうかは、マイクロスコープとラバーダムを採用しているかでだいたい判断がつきます。