歯医者が利用するマイクロスコープ

近年は医者の間で注目を集めている医療用の機械のひとつにマイクロスコープというものがあります。


これは顕微鏡の事をさしており、通常のものではなく歯科用の特殊な顕微鏡となっておりこれを利用することによって口の中での施行の際に細かな微調整を行うことができるようになっています。
つまり、マイクロスコープは診療の際に利用される口腔内での歯医者の顕微鏡と言うことになります。
メリットとしては歯医者にとってはミリ単位での細かな作業を肉眼で行うと言う負担を減らすことが出来ますし、施行の精密精度を挙げることが出来ます。
患者にとっても微調整される回数を減らすことができるので通院する回数が結果的に減ることになり、通院に対するコストや負担を軽減することができると言うメリットがあります。

All Aboutで快適な暮らしを実現しましょう。

このようなことから歯医者の間でもマイクロスコープの利用を検討するところが増えてきているのですが、メリットだけではなくデメリットも存在しており、問題となっているのが患者に負担してもらう費用です。

目的別の東京のマイクロスコープ全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

マイクロスコープを使用する際には診療の保険適応となっていないので自費での負担となっていることが多いのです。



そのためわざわざ高い費用を払って精密な診療をしてもらうのかどうかと言うところが問題となっているため、基本的に使用するかどうかは歯医者の判断ではなく患者側の判断となっています。

また、マイクロスコープだけではよい治療ができると言うわけではないので注意が必要です。